チモバール THYMOVAR

ミツバチヘギイダニ対策に最適

チモバール®は、チモールを主成分とするミツバチヘギイタダニ駆除剤です。2019年に承認されたオーガニック系新薬です。

蒸散剤

成蜂との接触がなくても、巣箱内に薬剤が蒸散します。外気温が1日をとおして15~30℃となる晩夏~秋口のご使用を推奨します。

簡単設置

2袋=1パックにウエハース小板が10枚入っています。使用時にウエハース小板1枚を半分に折って、巣板の上に設置します。

チモバールのご購入は販売店にお問い合わせ下さい。販売店リスト

ミツバチへギイタダニとは

ミツバチへギイタダニはミツバチに外部寄生し、血リンパを吸飲してミツバチを弱らせます。また、幼蜂のいる封蓋をされた巣房でのみ成長(変態)します。ダニが寄生すると奇形羽ウイルス(Deformed Wing Virus)のようなRNAウィルスがはちに伝播しやすくなります。これは奇形ミツバチが発生する原因ともなり、ついにはミツバチのコロニーはしだいに弱ってしまいます。

このミツバチヘギイタダニの大量寄生による蜂群の死滅は通常秋から初春に起こります。一匹のダニは数回産卵をし、大変な勢いで繁殖します。
またダニ駆除剤の使用時期によっては十分な効果を得られません。例えばミツバチの産卵が多い時期などは、ミツバチのさなぎとともに封蓋し守られたダニに対してチモバール®が接触浸透できないため、2週間ほどで成蜂が蓋を破ったときにダニが確認されることがあります。

ミツバチへギイタダニ
トップに戻る

チモバールの使い方

チモバールの使い方

チモバール®はウエハース小板タイプの製剤で、巣箱への設置が容易です。使用時にウエハース小板1枚を半分に折って、巣板の上に設置します。本製剤は、3~4週間の投与を2回繰り返します。

チモバールの使い方

 

使用スケジュール

チモバール®は外気温が1日を通して15~30度になる晩夏~秋口のご使用を推奨しております。

チモバール使用スケジュール

ご利用上の注意事項
ご利用上の注意事項

決められた枚数を投与しないと十分な効果が得られません。

ご利用上の注意事項

可能であれば、みつばちへの給餌終了後に本剤を投与してください。投与時は巣箱の通気孔を閉めてください。巣門は閉じないでください。

ご利用上の注意事項

蜂児圏の真上及び4cm 未満の位置は、高温になり、蒸散速度が速まる可能性があることから避けてください。

ご利用上の注意事項

チモールの蒸散を妨げないように、ウエハース小板と巣箱上蓋との間は最低5㎜、可能であれば2 ~ 3cm 空けてください。

トップに戻る

なぜ効果があるの?

チモバール包装形態および投薬早見表

 

 

トップに戻る

使用上の注意

使用上の注意

トップに戻る

よくあるご質問

チモバール よくあるご質問
トップに戻る
 
チモバール
Arysta Health & Nutrition Sciences Corp.
Bio Vet

輸入販売元 アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンス株式会社

〒104-6591 東京都中央区明石町8-1聖路加タワー38F

TEL:03-3547-4667 FAX:03-3547-4696

E-mail:animal-hc@upl-ltd.com




beepage